川崎でひげ脱毛

ひげ脱毛って痛いって聞くけど本当ですか?

ひげ脱毛に興味はあるものの、正直痛さがどれくらいあるのか不安に感じている男性も少なくないはずです。

 

やはり痛いのは嫌ですし、どうせなら快適に脱毛をしたいですよね?

 

今回は気になるひげ脱毛の痛みについて、詳しく見ていきましょう。

 

まずは気になる痛みについてですが、ズバリ言うと痛みは伴います!

 

しかも他の部位と比べると、ひげ脱毛の痛みは「若干痛い傾向にある!」という事が言えます。

 

これは顔が痛みを敏感に感じやすい部分であり、且つ毛の根元が深いためです。

 

となると、ひげ脱毛を行うなら我慢するしかないのでしょうか?

 

実は施術法を選ぶ事で、痛みを多少軽減させる事は可能です。

 

今現在、脱毛にはニードル脱毛・レーザー脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれる3種類が存在します。

 

これらは順番通り、ニードル脱毛が一番痛みがあり、フラッシュ脱毛が痛みが弱いという特徴があるわけです。

 

よって痛みが気になる人は、フラッシュ脱毛を専門に扱っているサロンを選んでおくと、痛みについてはそこまで気にする必要が無くなります。

 

ただしこれら3つの施術法は、痛みが強いほど脱毛効果が期待できるという面白い特徴も同時に見られるわけです。

 

よってひげ脱毛は、痛みを軽減するか効果を取るかで選択に迷う所ですね。

 

ただし脱毛時の痛みは、あくまでチクチクっとした痛みである事がほとんどです。

 

例えるなら、輪ゴムで自身の肌を弾くような感覚の痛みがする程度です。

 

また最近のサロンでは、痛みを気にする人に対して麻酔をかけてもらうオプションサービスも増えています。

 

そのためひげ脱毛を受ける際は、そこまで痛みについて気にする必要は無いと言えますね。

 

では結局の所、男性は何を基準にひげ脱毛を選べば良いのでしょう?

 

まずは財布の中身との相談は欠かせません。

 

近年は多くのキャンペーンが実施されていますが、サロンにより価格帯はまちまちです。

 

金銭的に無理の行かない範囲でサロンを選んでみる事は大切です。

 

また脱毛部位の多さで選んでみる事も大切です。

 

中には「ひげ脱毛以外の部位を脱毛してみたい!」と考える人もいるはずです。

 

オプションで安く受けられる場合もあるので、脱毛部位の多さを基準にしてみる事も大切ですね。

 

そしてデメリットも判断基準にしておくべきです。

 

先ほども述べたように、ひげ脱毛は痛みを伴うデメリットがあります。

 

ですがニードル脱毛のように、一見デメリットが多く見える施術でも脱毛効果が絶大なものもあるわけです。

 

しっかりとデメリットを把握した上で、得られるものについても検討しておく事が大切ですね。